ベジセーフで食中毒の危険性回避!!野菜にもご用心。

ベジセーフで食中毒の危険性を回避する。初期中毒の危険性は生野菜にも。ベジセーフは農薬から食中毒菌まで除去。

ベジセーフで食中毒の危険性をなくす

生で食べるのが当たり前のレタス,きゅうり,トマトなど
サラダでおなじみの野菜もまた食中毒を引き起こす可能性があること
ご存知ですか?


野菜の食中毒で有名なのが1996年にカイワレ大根が原因とされた0-157集団感染。
学校給食で食べた児童を中心に9000人以上が発症し
そのうちの3名がなくなるなど、大きな事件となりました。

また,2014年にも静岡県で行われた花火大会で露店の冷やしきゅうりを食べた人が
O-157 に感染,510人の患者を出しました。


食中毒といえば、肉や魚や貝などのタンパク質のイメージが強いのですが、
生野菜で感染することもめずらしくないのです。


最近は健康志向が高まり無農薬野菜や有機農栽培を
取り入れている方も多いかもしれませんが、


食中毒のリスクはスーパーのものも、直栽培のものも同じです。

むしろ、農薬を使っていない野菜の方が
食中毒菌がついている可能性が高いのです。

また、農薬を使っていないために
寄生虫がついている場合もあるということを忘れないでください。

生野菜から感染することが多い食中毒菌はおもに
0-157、サルモネラ、コレラ菌、赤痢菌です。

生野菜からの食中毒を予防するためには、
生野菜をできるだけ食べないという選択もありかもしれませんが、
それでは食卓が寂しくなってしまいます。

そこで、おススメなのが農薬の除去から食中毒菌の除菌まで
可能にした野菜洗いの専用水ベジセーフです。

雑誌のクロワッサンや、たまひよなど多くのメディアで紹介され、
お母さん方の注目を集めているベジセーフは現在公式サイトで
お試しできます。


➡ベジセーフの公式サイトへ



【こっちもおスメ!】ベジセーフの危険性は?安全な野菜や果物を食べさせたいママ達へ





ベジセーフってここがすごい

家族の健康を守るお母さんたちの間で

農薬から放射性物質まで除去できる
食中毒対策になると
注目されているベジセーフですが、


ベジセーフは洗剤ではなく
野菜洗いの専用水であるところがすごいんです。


99.9%が純水でわずか0.1%の炭酸カリウムが
含まれたほぼほぼ水に近いアルカリ性水素水です。

この炭酸カリウムについて最初に説明すると、
これは、豆腐やこんにゃくなどに使われている
植物由来の天然の添加物なので、赤ちゃんがなめても安全なものです。


このベジセーフのアルカリ性の中のマイナスイオンが、
野菜の表面の農薬や有害物質のプラスイオンに付着することで
野菜から素早くはがし落とすのです。


また、ベジセーフのアルカリ性の濃度の中では
微生物が生存できないため、食中毒菌やウィルス菌は死滅し
食中毒対策にもなるというわけです。


➡ベジセーフの詳細はこちらです。


最安値で購入するために

ベジセーフは野菜洗いの専用水ということで、ホームセンターやドラッグストアの
野菜洗いの洗剤のコーナーの並びにあるそうですが、店頭では販売されておらず。
通販での限定商品です。

楽天やAmazonでも取り扱っているのですが、
最安値で購入するなら公式サイトがおすすめです。


公式サイトで、毎月お届けコースに申しこむと
初回価格が54%OFF価格で購入できるんですね。

定期購入となるとよく、回数のお約束があったりするんですが、
ベジセーフのこのコースにはそれがなく、いつでも解約・変更ができるので

初回だけ割引価格で買って解約しても問題がないのです。

また、特典として20日間の返金保証がついていることからも、
初回の分はお試しとして多くの方に使ってもらいたいというお試し企画であることが分かりますよね。


ベジセーフをはじめてお使いになるときは、このコースでぜひお試ししてみてくださいね。


➡ベジセーフのお試しは公式サイトで



ベジセーフの公式サイトへ
ベジセーフC